何をどれくらい!?信用取引の担保について

信用取引とはどういう取引?

資産運用として株式取引を行っている方は少なくありませんが、その中の一つに信用取引という取引方法がありますが内容はご存知でしょうか。通常の取引では手持ちの資金分しか取引が行なえませんが、信用取引の場合は手持ちの資金より最大で3倍程度の取引が可能になるので利益も3倍になるというものです。さらに、信用取引ならではのものとして空売りという取引方法があり、通常は安く買って売るものが、高く売って安く買うという逆の取引も可能になり取引のバリエーションが増えるのですね。

信用取引を行うためには

信用取引は誰でも行えるものではなく、その名の通り信用が必要になるのですよね。その信用とはどこから生まれるのかというと担保によって生まれるのですよ。担保とは正式には委託保証金と呼ばれるもので、現金だけでなくその他の株式なども担保にすることが可能です。この担保が用意できないと信用取引を行うことは不可能で、取引の額によって必要な金額が異なっていきます。これらは証券会社によっても異なる部分なので事前に確認しておくことが必要となるでしょう。

必要な額と追証について

信用取引に必要な担保は法令上最低でも30万円分の現金や株式などで、さらに取引したい額の概ね3分の1程度が必要になります。したがって、信用取引は100万円程度以上の取引から行うことが出来るとも言えるでしょう。取引開始時に担保が十分だったとしても、取引している銘柄や担保にしている銘柄の変動により担保が足りなくなることも出てきますよね。その場合には追加で担保を出さなければいけないのですが、これを追証と呼ぶのですよ。

信用取引の担保として認められているのは30万円以上のキャッシュもしくは、それに類する有価証券です。株式や国債といった有価証券の担保価値は額面の80%が相場です。